ライティング初心者でも大丈夫!クラウドソーシングで月10万は稼げる!!稼ぐ方法について

在宅ワークやフリーランスといった、自由な働き方が注目されているなかで、「ライティング」に挑戦する方が増えてきています。

しかし、ライティングと聞くと「文章力がないから自分には無理だ」と思い諦めている方も多いのではないでしょうか。

しかし、それは大きな間違いです。ライティング未経験者やライティング初心者でもコツを見つけることで、月10万円程度なら稼ぐことはできます

当記事では

  • ライティング初心者・未経験が稼ぐ方法
  • 効率良くライティングを行う方法 など

初心者でも効率良く収入を得る方法について紹介します。

初心者がライティングで稼ぐコツ

ライティング 初心者

webライティングの仕事を請け負う場合、闇雲に案件を選ぶのはおすすめしません

適切なライティング案件を選ぶことで、初心者でも「月に10万円ほどを稼ぐ副業」としてだけではなく、本業として生計を立てれる金額を稼ぐことが可能です

ライティング案件を選ぶコツは

  • ライティング案件を請け負う場所
  • 将来性がある案件を選ぶ
  • 納品方法が簡単な案件

上記3つを意識することで、ライティング以外の時間を大幅に短縮することができます。

ライティングを請け負う場所を選ぶ

ライティング案件を請け負う場所は、ネット上にたくさんあります。

実績がない初心者がライティングを行う場合は、クラウドソーシングを利用するのがおすすめです。

代表的なクラウドソーシングでは

  • クラウドワークス
  • ランサーズ など

上記のような大手クラウドソーシングサイトを利用するのが良いでしょう。

クラウドワークス

ライティング 初心者 クラウドワークス

クラウドワークス

クラウドワークスは、ライティング以外にも「データー入力」や「システム開発」などの案件も豊富にあります。

ライティングだけに絞ると、文字単価は0.1円~2円程度と単価の幅が広いです

しかし、まったく経験がない初心者でも0.8円~1円程度の案件なら、問題なく受注することができるので、月に10万円ほどなら稼ぐことができます。

また、1つの案件に対して、複数人のライターを募集しているので、ライター同士での案件の奪い合いが少ないです。

私個人の感想としては初心者がライティングを行う場合、ランサーズよりも案件がとりやすい感じがします。

メインで使用していることもありますが、私がクラウドワークスで得た、手取りでの最高額は約18万円です。平均では約15万円前後頂いています。

クラウドワークスで以下の記事のような案件には応募してはいけません。

ランサーズ

ランサーズもクラウドワークス同様、ライティング以外の案件も豊富にあります。

また、ライティング案件も文字単価が1円~3円とクラウドワークスより、高単価の案件が多いです。

しかし、ランサーズでは、1つの案件に1人しか採用されないので、初心者ライターが案件を取ることが難しい場合があります。

如何にして、クライアントに「良いイメージを与えるか」、「仕事を任せてもらえるか」といったことを、クラウドワークスで活動する時以上に考えないといけません。

そのため、初心者ライターが案件をとるには、少し時間が掛かる可能性が高いです。

私個人の感想としては、案件の取りやすさは、クラウドワークスの方が取りやすいといった感じがします。

私は、少し時間がある時にお小遣い稼ぎ程度として、ランサーズを利用していますが、ランサーズでの最高額は、手取りで約8万円ほどになります。平均すると0円~5万円程度です。

ライティング案件の募集があるサイトに興味がある方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

将来性がある案件を選ぶ

案件を選ぶ場合、文字単価も重要ですが、将来性が高い案件を選ぶようにしないといけません。「将来性がある案件」というのは「継続案件」なのか確認するということです

クラウドソーシングは、企業だけではなく個人の方からも仕事を貰うことがあります。

そのため、単発案件が多く、今おこなっている案件の契約が終了した時点で、また次の案件を探す手間が掛かってしまいます。

しかし、継続案件の場合は、今おこなっている案件が終了しても次の契約があるので、案件を探す手間が掛からずライティングに集中することができます

基本的な見分け方は、継続案件の場合は、案件のタイトルや案件内容に【継続案件】、【継続】といった言葉が必ずあるはずなので、案件を探す場合は「継続案件」を意識して探すようにして下さい。

納品方法に手間がかからない案件を選ぶ

以外と時間が掛かる工程が「納品」です。納品方法もクライアントによって様々ですが、一番多いのは

  • ワードプレスに直接入稿
  • ワードファイルでの納品
  • googleドキュメントでの納品

上記3つが比較的多いです。画像選定などがある案件の場合、一番手間が掛からないのは「ワードプレスに直接入稿」が手間は掛かりません。

画像選定がない場合は、「ワードファイル」もしくは「googleドキュメント」での納品が簡単です。

しかし、基本的に3つの納品方法は難しくはないので、1度体験すると操作方法は覚えてしまいます。

自社専用ツールでの納品には注意

慣れるまでに一番時間が掛かるのが、企業が募集する案件に多い、自社専用のライティングツールを使った納品には気をつけて下さい。

自社ライティングツールは、「指定文字数」・「指定キーワード数」・「見出しの数」などを細かくチェックしてくれるので、すごく便利といえば便利です。

しかし、操作方法がツールのよって全く違い、画像や見出しを入れるだけで、複数の手間が掛かる場合もあります。

また、指定文字数や指定キーワード数のチェックがバグで、正常に作動しないケースも稀に発生します。

慣れてしまえば問題ありませんが、慣れるまではツールの操作方法だけで、思ったより時間が掛かるので、初心者の方はライティングに慣れた後に「自社ライティングツールでの納品」に挑戦してみて下さい。

「自社ライティングツールでの納品なのか」確認する方法ですが、ほとんどの案件に納品方法の指定があります。

案件内容に「自社ツールを使用」、「自社ライティングツールでの納品」など「自社ツール」というキーワードがある場合は、専用ツールでの納品である可能性が高いです。

スキルを磨き文字単価アップを目指す

前章で、「継続案件を探す」と前述しましたが、継続案件の場合、スキルを磨くことで文字単価がアップすることが多いです。

文字単価アップのコツは

  • 得意なジャンルを探す
  • とにかく記事を書く
  • ライティング速度を意識する

上記3つを意識することで文字単価アップを目指すことができます。

自分が得意なジャンルを探す

ライティングを行う場合、自分が得意なジャンルに挑戦することが1番、効率よく稼ぐことができます。

例えば、日頃から「貯金」をするために少しでも節約しているといった方は、節約術やお金の使い方に関する「金融」・「生活」などのジャンルだと、スムーズにライティングを行える可能性が高いでしょう。

他にも、ゲームが得意といった方は「スマホゲームの紹介」や「ゲーム専用のパソコン比較」などといった、「ゲーム」・「IT関連」のジャンルだとライティングを行いやすいと思います。

なにかに特化した、知識や特技がない場合は、自分が普段良く調べることや、ライティングを行って、リサーチがしやすいと感じたジャンルを集中して請け負ってみてください

必ず、ライティングを行っていて「このジャンルは書きやすい」と感じることがあります。

書きやすいと感じたジャンルは、得意分野になる可能性が高いです。

記事をたくさん書く

記事のクオリティーを上げるためには、とにかく記事を書き続けることです。

紙媒体のライティングと違ってwebライティングは、難しい文章力などは求められません。

「接続詞」や「ら抜き・い抜き言葉」など、文章として不自然にならない程度には、学ぶこともあります。

ですが、「不自然な文章」は記事を書き続けることで、無意識に「何か変」と感じられるようになります。

webライティングは、如何にして「わかりやすく伝えられるか」というのが大切です。これは、記事を書き続けることで、効率良く学ぶことができます。

「わかりやすく伝えるには?」ということを意識しながら、記事を書くことでクライアントに気に入って貰える記事が完成します。

ライティング速度を意識する

ライティングを行う場合、記事の質と同じ位大切なの要素、「ライティング速度」があります。

どんなに高品質な記事を掛けても、1記事に10時間も20時間も掛かってしまっては、稼ぐことは難しいです。

そのため、ライティングを行う場合、自分のライティング速度を少しでも早くなるように意識してみて下さい。

ライティング速度を上げるコツですが

  • 目標時間を決める
  • 時間を計る
  • 一気に書き上げる

上記3つを意識するようにしてみて下さい。

目標時間を決める

目標時間とは、「この記事は○時までに終わらせよう」や「○時までに半分終わらせよう」といった具合に、記事を書き上げる時間を予め決めて、ライティングを開始することです。

予め時間を決めておくことで、決めた時間内はしっかりと集中することが、できるようになります。

時間を計ってライティングを行う

目標時間を決めたら、実際に時間を計りながらライティングを行うのが良いです。

始めは、目標時間を大幅に過ぎることも多いと思います。

しかし、繰り返し時間を計ることで、自分のライティング速度が向上しているのが、確実にわかります。

これまで、できなかったことが出来るようになると「モチベーション」も向上するので、「時間を決める」・「時間を計る」はセットで行うことをおすすめします

一気に書き上げる

自分が目標にした部分までは一気に書き上げることのが良いです。

途中で集中力を切らしてしまうと、ライティングは想像以上に捗りません。

また、目的を達成できずに、集中力を切らしてしまうと「自分には駄目だ」といった具合にモチベーションが大幅に低下してしまいます

しかし、目標まで一気に書き上げることで、達成感を感じられ「次もがんばろう」と前向きに取り組むことができます。

一気に書き上げるといった量は、記事のボリュームや自身の裁量で決めても良いでしょう。

「半分書いたら一度休憩しよう」・「1記事一気に書き上げる」など、自分に合わせた方法で、挑戦してみて下さい。

自分が決めた目標までは、集中してライティングを行うというのが大切です

まとめ:ライティングは誰でも稼げる仕事!

ライティング 初心者

いかがでしたでしょうか。

今回の要点をまとめると

  • ライティング初心者でも月10万円稼ぐのは可能
  • 稼ぐためには、継続案件を選ぶ
  • 納品方法はしっかりと確認する
  • 記事をたくさん書いてスキルアップを行う
  • ライティング速度を意識する

上記のようになります。

ライティングは、決して楽して稼ぐことができる仕事ではありません。

慣れるまでは、アルバイトの自給より低いこともあります。

しかし、ライティングスキルは誰にでも取得できるスキルでありながら、更に需要が高まるスキルです。

早い段階でライティングスキルを身につけることで、副業・本業として大きな収入を得ることができます。

また、ライティングは場所を選ばない仕事なので、在宅ワークとして時間を自由に使える働き方もできます。

慣れるまでは、辛いことも多いと仕事ですが、在宅ワークに興味がある方は、ぜひ挑戦してみてはいかがでしょうか。