クラウドワークス初心者は注意!!受注しない方が良いライター案件

【実録】クラウドソーシングで絶対に受注したらダメなライター案件

どうも、パワハラに耐え切れず、仕事を辞めて在宅ワークで生計を立てているhiroyuki です。

クラウドワークスやランサーズのライター案件を眺めていると「ライティングスキルを1から学べる!」という謳い文句の案件を良く見かけます。

ですが、文字単価は破格の0.1円という奴隷案件です。

そこで今回は、実際にhiroyukiが奴隷案件に飛び込んでみました。

そこで初心者に注意勧告という意味で、0.1円案件の実態について紹介します。

よかったら以下の記事も読んで下さい。

クラウドワークスやランサーズに多い0.1円案件

dorei 2

クラウドワークスやランサーズなどで、頻繁に見ることが多い1文字0.1円の案件。そして、意外に募集している人が多いです

今回私は、クラウドワークスで募集していた案件2つに応募しました。記事のジャンルは、

  • 各メーカーの車の記事
  • エンタメ記事

上記2つに応募しました。

テストライティングもありましたが、クライアントはとりあえず記事を書いてくれれば誰でも良いという感じなので、難なくテストライティング合格です。

合格した後に驚く内容が届きました。まず本契約の単価を表にしたのでご覧下さい。

エンタメ記事 各メーカーの車紹介記事
記事数 20記事 20記事
合計金額 単価50円(1800文字以上) 50円(2000文字以上)
合計金額 1000円 1000円

文字単価0.1円より酷いです。正直この金額を見た時に断ろうと思いましたが、何も知らない初心者ライターが本当に技術を学べると信じて、無駄な時間を過ごすのは勿体無いと思うので、受注する事にしました。

記事数も単価もまったく同じなので、恐らく関係者だと思います。

ライティングスキルを教えるという宣伝

dorei 1

このような0.1円以下案件を受けたいと思う方は、ライティングを行ったことがない初心者の方ばかりです。

また、案件のタイトルが初心者に技術を覚えられるような希望があるような謳い文句で、本当に高度な技術を学べるような事が書いてあります。

案件のタイトルに多いのは、

  • 【主婦・初心者歓迎】ライティングスキル学びたい方
  • ライティングスキルを手に入れたい方必見!

などが多いです。

ですが、実際に貰えるマニュアルは、googleなどで「ライティング コツ」などで検索すると全て手に入る内容です。

ネットに書いてある情報をコピーしただけのマニュアル

マニュアル

前章で軽く触れましたが、「ライティング コツ」と検索すると様々なライティングのコツや文章力を向上する方法など、基本的な事から本格的なスキルまで、独学で学ぶ事が可能です。

配布されるマニュアルは、それらの情報を適当にまとめてあるだけのマニュアルです。

マニュアルの詳細まで明かしたいと思いましたが、許可なくマニュアルを晒すのはマズイ気がするので、やめておきます。

0.1円案件で無駄な体力を使うより、ネットで調べて他の案件を受けた方が、学ぶと稼ぐを同時に行う事ができるので、モチベーションとスキルも上がります

何も知らない初心者は信じてしまう

ですが、なにも知らない初心者は恐らく信じてしまうと思います。

それは、編集者による添削を行うという言葉があるからです。

ですが、実際に添削を受けましたが、なんというか「よくライティングを教えると言えたな」と思いました。

各メーカーの車紹介記事は、6000文字ほど書きましたが、添削内容は「初めて書いた記事でこの文字数はエグイっす」と一言だけでした。

エンタメ記事は苦手分野という事もあり文字数は4000文字程度でしたが、添削内容は「初めて書いた記事で、ここまで書けるなんて、手の震えが止まりません」という、クライアント自体が初心者レベルなんだと思います。

本当にビックリして、口に含んだコーヒーを少しこぼしてしまいました。

さすがに2記事目は書く気になれなかったので、途中契約リクエストを送信しました。

実際の添削内容もただ記事を褒められるだけで、技術的な事を学べるわけではありません。

なぜ募集が多いのか

こんな奴隷案件に募集している人も多いのが事実です。

恐らくですが、全くの経験がないライターの方は「いきなり1円以上の案件に応募する自信がないから、安い案件で実績を積みたい」という方が多いと思います。

ですが、0.1円案件を受けている間はスキルアップする事は難しいです。

仮に本当に「スキルアップを目指している人を支援する」という優しさに溢れた案件があった場合、初心者の辛い時期をサポートして上げたいという気持ちで案件を募集していると思います。

初心者ライターが辛いと感じる要素の1つである「初心者では稼ぎにくい」という部分を少しでも考慮してくれるはずです。

少なくとも0.1円やそれ以下になるはずはありません。

また、こういう言い方は失礼かもしれませんが、文字単価0.5円程の案件と文字単価1円程の案件では、求められるレベルはそんなに変わりません

クラウドソーシング 0.1円案件のネットでの口コミ

クラウドソーシングで募集している文字単価0.1円案件についてネットでの口コミをまとめてみました。

当然ですが、良い反応はありません。

まとめ:奴隷に成り下がってはダメ

奴隷ダメ

私も最初は経験もなし、スキルもなしだったので、安い単価でも実績を作ろうと思い、0.2円ほどの案件を受けたことがあります。

ですが、私の最初の目的は「ライティングでお金を稼ぎたい」という気持ちの方が強かったので、単価が安い案件の継続は断りました。

文字単価0.2円の案件は、3000文字書いて600円ほどです。

3000文字書くのにリサーチを含め2時間程度掛かります。初めての時は4時間程かかりました。

時給に換算したら、外でアルバイトに出たほうが遥かに高い時給になります。

時給が安いのは、「在宅ワーク=内職」だから仕方がない。という考えで、単価が安い事を割り切って作業している方もいるかもしれません。

ですが、クラウドソーシングで募集されている、0.1円~1円案件で求められるレベルはそこまで高い物ではないので、0.1円で数千文字書ける人なら、必ず達成できます。

初心者の方が在宅ワークは儲からない、稼ぐことが出来ないと去っていく前に、わずかな勇気を出して単価1円以上の案件に応募してみて下さい。

どうしても勇気が出ないという方は、実績を作るために1~2回程、0.5円以上の案件に募集して下さい。