Webライターは未経験でも可能? 在宅ワークでWebライター活動を行う方法

Webライター未経験

Webライターは、主婦の方が家事・育児の合間に仕事として相性が良く、がんばり次第では高単価案件を獲得することができます。

しかし、「Webライター」、「ライティング」と聞くと

  • 未経験が在宅ワークとして行うには難しそう…
  • 文章力や才能がないと無理
  • 数千文字書くなんて厳しい… など

上記のような不安を持っている方も多いのではないでしょうか。

ですが、上記の不安は全て誤解だといえます

この章では「Webライター未経験が在宅ワークで活動する方法」について紹介します。

 

Webライターになるにはやる気だけ

webライターになるにはやる気だけ

Webライターとして活動するのに、特別な資格などは必要ありません。資格や特別なスキルがない人でも挑戦できる仕事がWebライターです。

そのため、未経験からでも挑戦しやすい仕事なので「やる気」と「根気」さえあれば、女性・男性問わずに在宅ワークとして挑戦できます

文章力に自信がない人でも問題ない

Webライターやライティングと聞くと「高い文章力が必要」と思っている方も多いのではないでしょうか。

しかし、それは間違いです。雑誌や専門誌などの紙媒体だと、それなりの文章力も必要かもしれません。しかしWebライターの場合は、高い文章力はあまり求められません。

なぜなら、「Webライターの仕事は書くことではなく、伝えること」だからです

つまり、Webライターは、難しい言葉で文章を書くのではなく、ユーザーが知りたい情報を素早く伝えることが目的で、書くということは「ただの手段」でしかありません。

とはいえ、日本語を書くことには変わりないので、必要最低限の文章力は必要です。しかし、必要最低限の文章力は、記事をたくさん書くことで自然と身に付くことができます。

そのため、在宅ワークとしてWebライターを始めた時点で文章力がない方でも、勝手に身に付くので心配はありません。

Webライターの資格

Webライター資格

Webライター専用の資格も多くはありませんが、一応存在します。Webライターの資格は

  • Webライター能力認定試験
  • Webライター技能検定

Webライター専門の資格として上記のようなものがあります。

資格を取得することで一定の知識を保証してくれるので、クライアントに安心感を与えることができます。

しかし、気をつけて頂きたいのは資格を獲得したからといって仕事が安定して貰えるわけではありません。

Webライターの資格で証明できるのは「Webライターとして基本的な能力と知識がある」というのを証明するだけなので、クライアントが「書いて欲しいジャンルを書けるWebライター」という証明にはならず、やはり実績が多い人が優先されます。

そのため、資格取得を目指す前に、まずはクラウドソーシングサイトなどで、Webライターの仕事を行い実績を作ることをおすすめします。

 

Webライター技能検定について

Webライター技能検定とは、日本クラウドソーシング検定協会が月に1回実施しているWebライターの試験です。

選択問題と指定キーワードされたキーワードを元に、数百文字のライティングを行います。

Webライター技能検定は、Web上で試験を受けられるので試験会場まで行く必要がなく、自宅で試験を受ける事が可能です。

 

Webライター能力認定試験について

Webライター能力認定試験は、日本Webわかりやすい文章を書くことができるかという部分を問われる資格です。

Webライター技能検定より難易度は高めで、「webライティング」だけではなく

  • コピーライティング
  • メールライティング
  • SEO
  • 理論・法律
  • 炎上対策
  • ミニ論文

上記の項目を問題が出題されます。

また、合格・不合格の概念が他の試験と異なり、受験後の点数で1級・2級・3級と認定ランクを付与されます。

各級の内容ですが以下のようなレベルに分けられています。

認定ランク 概要
1級 正しい日本語で高度なライティングができる
2級 一般的なライティング業務を受ける際には十分なレベル
3級 Webライターとして必要最低限の知識があるレベル
不合格

 

Webライターの収入

webライターの収入

Webライターの収入は、人によって大きく異なりますが、Webライターを本業として在宅ワークをしている方で、20万円~30万円の金額を稼ぐ方は多いです。

稼ぐWebライターさんは、50万~80万円ほど稼ぐ凄腕Webライターもいます。

私自身の場合だと、長崎県は物価が安いという理由もありますが、19万円~25万円ほどの収入があるので、贅沢はできませんが生活することはできます。

 

Webライターの需要は高い

webライターの需要は高い

Webライターは、誰にでも挑戦できる仕事と前述しました。

しかし、誰にでもできるなら「ライバルが多すぎて、未経験や初心者では仕事が取れないのでは?」という不安がある方も多いのではないでしょうか。

ですが、Webライターはこれから先も需要が高まる分野であるといえます。なぜなら、広告以外にもメディアサイトなどで「商品の紹介」や「会社の魅力」などを伝えないと利益が見込めないからです。

 

自社サービスの魅力を伝えるためにWebライターが必要

例えば、不動産業界などは建物を建てるだけでは、入居者や購入者を呼び込むことは難しいでしょう。

また、広告だけを出しても、詳しい情報などが記載されていないので「行ってみよう」という方も多くないです。

そこで、Webライターの出番になります。Webライターが

  • 立地条件
  • 近くにどんなお店があるか
  • 実際に購入した人の口コミ
  • 魅力だけではなく、不便な部分なども(案件によってNG)

上記のような内容を記事にしてWeb上で公開することによって、ユーザーが気にしている部分や知りたい情報を詳しく知ることができて、興味を持ってくれるユーザーを呼ぶことができます。

ネット上から集客を行うためにWebライターのスキルはとても重宝されるので、今後は更に需要が高くなるジャンルの仕事です。

 

Webライターの仕事はクラウドソーシングで獲得する

webライターの仕事はクラウドソーシング

未経験からWebライターを目指す場合に、一番不安なのは「仕事を取れるかどうか」ではないでしょうか。

しかし、近年では在宅ワークの敷居はかなり低くなり、仕事を探す場合は、「クラウドワークス」や「ランサーズ」などのクラウドソーシングサイトを利用することで実績がない未経験Webライターも案件を獲得することができます

クラウドソーシングサイトでは「個人のブログサイトへの執筆案件」もあるので、求められるレベルが「初心者から」という案件が多いので、未経験から在宅ワークに挑戦したい方には最適のサービスです。

クラウドソーシング以外にも案件獲得は可能

クラウドソーシングサイト以外にもWebライターの仕事を募集しているところはあります。

  • 業務委託案件を募集しているサイト(engage・indeedなど)
  • 在宅Webライター専用の案件募集サイト

特におすすめなのは「在宅Webライター専用の案件募集サイト」は、最低でも1文字1円のところが多いので、未経験の方でも安心して業務を行うことができます。

Webライター専門の案件募集サイトに興味がある方は以下の記事も参考にしてみて下さい。

 

Webライターとして注意すること

webライターの注意点

在宅ワークでWebライターとして活動するために、いくつか注意すべきことがあります。

クラウドソーシングでの案件ではメールでのやり取りが多く、ビデオ通話などの打ち合わせ等はあまり行いません。

そのため、小まめな「報連相」が大切です。

他にも

  • コピペは論外
  • 納期厳守 など

Webライターとしてではなく、在宅ワークを行う上で未経験の初心者であっても必ず守る必要があります。

 

コピメは絶対にNG

コピペとは、他サイトの文章や見出し構成をそっくりそのまま、コピーすることです。これは、著作権の侵害になるので法律違反にもなります。

また、コピペをしたWebライターだけが罰せられるなら「自業自得」で終わりですが、クライアントのサイトにも悪影響を与える可能性が高いです。

Googleは盗用などに厳しく、コピペがあるサイトは検索順位を下げるようになっています。Webライターが楽したいからと言ってコピぺを行うとクライアントにも迷惑をかけるので、コピペは絶対に行ってはいけない行為です。

また、クライアント側も納品した記事は、コピペチェックをしているので、他サイトからコピーした記事は100%バレます。

コピペ記事が承認されるはずもなく、時間と労力の無駄になるだけなので絶対に辞めましょう。

 

納期厳守

納期は絶対に守らないといけません。個人が運営するサイトでは、すぐ公開されることがありますが、企業で記載する記事の場合は、校正チェックや細かい修正をして公開されることがほとんどです。

また、○日に公開予定などとスケジュールを決めていることも多いため、納期が1日遅れるだけで、他の人が大変な思いをすることになります。

納期を守れない在宅ワーカーに仕事を紹介してくれるクライアントはいません。納期は余程のことがない限りは絶対に守る必要があります。

また、急用やトラブルで止むを得ず納期に間に合わない場合は、納期に間に合わないことがわかった時点で、すぐクライアントに相談するべきです。

どんなに遅くても24時間前までには、間に合わないことを伝えて相談することをおすすめします。

 

可能であればブログをやってみる

できればWebライターとして活動するなら、ブログサイトで何かしらの記事を書いておくことをおすすめします。

Webライターのブログは、ポートフォリオにもなるので、クライアントに実績を見せる時にも便利です。

また、WebライターはSEOの知識も求められるため、自分のブログで書き方を変えたりして、上位表示されやすい方法を見つけることができます。

また、ブログサイトを運営している場合は、ブログサイトからお仕事の依頼が来ることもあるので、作っておいて損はありません。

ブログサイトはワードプレスが良い

ブログサイトを始める場合、「レンタルサーバーを借りてブログを公開する方法」と「アメブロの無料ブログサイト」などを利用することになります。

私の一番のおすすめは、ワードプレスでブログサイトを作成することです。

理由は、クライアントのワードプレスに直接記事を書く案件が多いため、ワードプレスの基本操作を自分のブログを解説して覚えることで、行える案件の幅が広がります。

 

まとめ:在宅Webライターは積み重ねが大切

webライターは積み重ねが大切

いかがでしたでしょうか。

今回の内容をまとめると

  • 未経験でも在宅ワークでWebライターとして活動できる
  • コピペは絶対にNG
  • 納期は厳守
  • 実績がない場合、クラウドソーシングサイトを利用する

上記のような内容になります。

また、Webライターとしての文書力を気にしている方も多いと思いますが、文書力は良い書き方、言い回しをするには、日々の積み重ねが大切です。

未経験だから応募するのが不安という方も、少しの勇気で一歩を踏み出して、Webライターとしての人生に調整してみてはいかがでしょうか。