今月の在宅ワークの月収について|副業じゃなくて本業にできる?

2018年7月から無職となって2ヶ月が過ぎました。

ここ最近はクラウドワークスのみでライティングの仕事をもらっていてギリギリの生活を送っています。

今回は2018年9月の収入について公開しようと思います。

公開すると言えば、私がバリバリ稼いでいて、とても凄い人物のように聞こえて自意識過剰化と突っ込まれそうですが、今回の記事は私が一年後、二年後に読み返してあの時は苦しかったと笑い話できればと思い記事にしました。

私のブログ自体もそういうメモ関係の記事が多くなると思います。

それでも読んでくれる方は暇つぶし程度に読んで頂けたら嬉しいです。

在宅ワークで稼げたの?

今月はゲームアプリの記事と就活関係のライティングのお仕事を貰いなんとか報酬をもらう事が出来ました。

金額は2018年9月現在で12万ほどです。

記事の単価ですが

  • ゲームアプリに記事が2500文字以上で650円
  • 就活関係の記事が2500文字以上で1800円

ちなみに私がいつも書く文字の量は平均3000文字~5000文字程度で、1記事書き上げるのにリサーチを含めて、大体2時間半~3時間程掛かってます。

時給で計算したら辛くなるので時給では考えないようにしてますがもう少し経験を積むと記事作成時間が短縮できると信じています。

文字数を多くしても単価は上がらないので、損はしていますが、リサーチをして「この情報は入れておいたほうがいい」とかサブキーワードをリサーチすると「このキーワードを入れると検索にヒットしやすくなるかも」とか考えてたらいつの間にか、そこそこの文字数になる事が多いです。

苦になることはないので作業自体は楽しんで掛けています。

報酬が安い

クラウドワークスやランサーズでは私のような実績がないライター見習いでも仕事が貰う事ができるので少しずつ実績と経験を積むことが出来ます。

でも誰でも雇ってくれるという事もあって報酬はかなり安いようです。

私自信ライティングの相場がわからないですが、ライティングは1文字1円と言う感じで1文字単位で単価が決まる事が多いそうです

クラウドワークスやランサーズなどは平均0.1円~1円が多いようです

相場がわからない私でも安いとは思います。

ですが贅沢は言っていられないのでとにかく数をこなす事でまとまった金額を手に入れようとしています。

在宅ワークでライティングを始めた理由

元々私はライティングはまったく出来ませんでした。

長文を書く事に苦手意識を持っていたので興味本位で始めた時は一時間もしないうちにテストライティングを途中で辞退しました。

そんな私がなぜ、ライティングに興味を持ったのかというと、ホームページを作製したりするのに文章力は大切という事を実感したからです。

ホームページを作製した場合、検索して上位に表示するにはSEOという対策をしないといけません。

ライティングを通じてSEOの知識に少しでも触れられたらと思いライティングを行っています。

最終的な目標

実は30歳になった時、プログラマーやWebコーダーなどIT関係の仕事に就職したくて独学でjavaやServlet、Html5やcss3の勉強を行っており、javaでServletを使用してデータベースを使ったWebアプリケーションを作ってみたり、Htmlでcssでデザインセンス0のホームページを作ってみたり Photoshopで画像を切り抜いたり加工したりして、勉強しています。

最初はSkeletonというフレームワークを使用してコーポレートサイト見たいな物つくってみたりして、最近はライティングをしながら深夜にbootstrap4を使用してコーディングしていますフレームワークを使えるのが当たり前みたいなので最低条件として主流のフレームワークを使えるように勉強しています。

現在作成中のホームページが完成したら次はphpの実践と練習を兼ねてワードプレスで運用中のこのブログもオリジナルデテーマを作製するつもりです。

私は長崎県というところに住んでいますが、地方でIT関係の求人を見ると経験者のみばかりです。

基本程度を知っていて、実務経験を通じて学ぶ場所などはありません。

未経験可能は東京や大阪、名古屋あたりに求人が集中していて、引っ越す事は出来ないので就職するには厳しい環境です。

リモートワークとして働ける場所がないかと思い1度調べた事もありますが、未経験者にいきなりリモートで雇ってもらえるわけがないと思い、応募すらしていません。

そこで少しでも実績を作ろうと思い、自分でホームページを作製したりWEBアプリケーションの開発をしています。

あわよくばリモートワークでIT関係の仕事に携われる事が出来れば幸せですが、クラウドワークスなどで個人の方からお仕事を貰えるレベルになれるだけでもかなり嬉しいです。

もっとスキルアップしたいとモチベーションも上がりそうです。

30歳という遅すぎる活動ですができれば年齢のせいにしてやりたい事を諦めたくないので、叶えられるように、とにかく手を動かすつもりです。

家族も応援してくれているので、絶対叶えてやる!という強い意志をもって勉強と在宅ワークを行っていく予定です。

 

在宅ワーク 副業を本業に出来るのか

大分、話がそれましたが現在の目標、在宅ワークで安定して月20万の収入まではもう少し掛かりそうですが、記事を書くスピードは以前より早くなったので来月は17万ほどの収入は見込めそうな気がします。

あくまでもただの予想なのでいい加減な数字ですが、9時~19時まで途中休憩を1時間程入れても1日3記事から4記事は書けそうなので17万程いかないかと期待したます。

真面目にしっかりと作業行えばクライアント様から信頼してもらい、記事の質が上がれば単価UPも期待できそうです。

そして9月は10万以上の収入を得ることができたので来月にでもしっかりと調べて個人事業主の届けなども提出しようと思っています。

在宅ワークは楽しめば本業にできる

私の場合は切羽詰っている状態なので、やらないといけないと言う思いが強く、自然とパソコンの前で作業を行う事ができますが、在宅ワークなど家で仕事をする場合は自己管理がとても大事だと思います。

サボっても誰からも怒られないので、怠けようと思えばいくらで怠けられます。

ですが、本当に自分が好きな作業がある場合は黙々と続けられると思います。

在宅ワークはライティングだけではなく本当に色んな種類の案件が山ほどあります。

専門知識がある方は20万~30万ほどは安定した収入を得ることも可能だと思います。

特にスキルもなく取り柄もない私でも20万という目標も届かない数字ではなくりつつあります。

やる気次第で色んな事に挑戦できそうです。

在宅ワークで本業を目指すようになって、学校の行事や保育園の行事に参加できるようになり、生活はまだまだギリギリの生活ですがあまり見ることが出来なかった子供の一面を見ることが出来て毎日励みになってます。

現在の位置は

  • 在宅ワークを本業にしてみる
  • 在宅ワークで10万以上を目指す ←今ココ
  • 在宅ワークで20万の収入を得る
  • 20万の収入を安定して得るようになる
  • 在宅ワークでIT関係の仕事に就くもしくはクラウドソーシングで案件を貰う
  • 在宅ワークでホームページ作製などをメインに活動する

まだまだ道のりは遠いですがまずは年末までにどこまで、いけるか試してみたいです。

一年後、二年後に笑って、この記事を読み返せたらいいなと思います。

最後まで読んで頂きありがとうございました。

 

スキルなしでも出来る在宅ワークの種類について解説した記事です。よかったら読んで下さい。